天気の変化と体調不良、その原因は?

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス   薬袋(ミナイ)  です。

 

 

今日も、東京地方のみならず全国的にとても寒い一日となりそうです。

 

ここ数回、天気の変化と体調不良について書かせていただいてます。

 

低気圧が近づくと大気中の酸素の濃度は薄くなります。

そうすると、人間の体は、

「濃度の薄い空気」を血管を拡張させて、もっと空気を吸収しよう、吸収しようとします。

そうすると、血管が ”収縮しているとき” と、 ”拡張しているとき” の落差が大きいため、拡張した血管が神経を圧迫したりします。

この神経圧迫が、体に様々な影響を与えて体調不良の原因をつくります。

特に、天気が悪くなると、拍動性(脈を打つような)や反復性の慢性的な頭痛や頭痛時の顔の紅潮、目の充血 といった症状があったりしませんか?

 

では、なぜそのような症状が出てしまうのでしょうか?

 

その原因は、

”ストレス”   ”疲労”   ”寝不足”   といったことが原因となってきます。

 

この理由については、次回さらにくわしく書かせていただきます。