めまいと頭痛の関係は?

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス  薬袋(ミナイ)です。

 

 

めまいでお悩みの方で、”頭痛”も一緒に悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?

 

病院の精密検査で脳などに、特に異常なしとされる場合によくある

”慢性的なめまいや頭痛”をおこす方には、大きな原因があります。

これらの原因は、

姿勢や骨格の悪さなどに基づく、頭部から首にかけての

”筋肉の過剰な緊張”にあります。

 

そして、頭部から頸や肩にかけての筋肉の過剰な緊張を起こる主要な原因がいくつもあげられます。

 

 

頸椎(首の骨)のズレや首から肩へかけての筋肉の負担

首を横から見てみてください。

亀のように、少し前に傾いているような方は少なくないと思われます。

このような方は、首から頸にかけての前傾や猫背を含めて、体にゆがみが見られる方です。

長い時間のデスクワークをされている方、かがむ姿勢を長い時間続けられている方などは、首の骨のズレもあります。

それと、胸の部分にある(背中の骨)の部分にゆがみが見られる方が多いです。

こうなると、胸から首にかけての筋肉に負担がかかってしまい、頭部への血行不良や神経の圧迫が起こっています。

 

適切な睡眠の確保

十分な睡眠が取れていない方は、めまいや頭痛が起こる方が多いです。

睡眠が取れていないと、頭部への血流や栄養が十分に行き渡らない状態となります。

これは、姿勢などの問題だけでなく、枕の高さや、睡眠時の周囲の環境も関連しますが、一番の原因は”自律神経”という人間が起きている状態と寝ている状態を切り替えるスィッチの調整が上手くいっていないことによって起こります。

この自律神経の調整をすることによって、睡眠環境を整え、良質な睡眠を確保して頭部に十分な血流と栄養を届けることが大事になります。

精神的ストレス

ストレスを抱えた状態ですと、体に必要以上なストレスがかかって、緊張状態となります。

このことによって、先ほどの睡眠の状態とも関連しますが、自律神経の働きが十分に働かずに頭部や頸部だけでなく、全身の血行の状態が悪くなり、”めまいや頭痛”が起こってしまうことがあります。

このように、全身に負担や疲労が起こってしまうと、内臓機能にまで影響がおよびさらなる痛みやしびれ、疾患の原因となることがあります。

日常のストレスの発散や、何かあってもいろいろと”思いつめない” といったことが、めまいの解消にはとても大切になってくるんですね。

 

気になる方は注意してみてください。

 

 

関連記事