骨盤のゆがみとは?

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス   薬袋(ミナイ)です。

 

女性を中心に、”骨盤がゆがんでいるかも?” とお悩みの方は、多いと思われます。

「骨盤のゆがみ」があると、 「骨が変形しているのでは」 と考えがちです。

 

ただ、骨盤がゆがんでいるかも?   と思っている方の中で、

”骨盤がゆがんでいる以前” の段階で、ゆがみが出ていると、勘違いしてしまう方も多いです。

 

そのポイントが、”筋肉”です。

 

筋肉がバランスを崩して、「伸びきってしまったり」、 「縮んでしまったり」、 といった状態となっているために、

”ゆがんでいる” と 勘違いしてしまう方も少なからずおられます。

では、この筋肉がバランスを崩してしまうのは、どういったことなんでしょうか?

その多くは、運動不足や、長時間同じ姿勢を保っていることが多いといったことから、

 

”大腰筋” の機能が悪くなります。

 

 

体の奥に位置するこの大腰筋は、背骨と大腿骨をつないでいるため、インナーマッスルや姿勢を保つためにとても重要な役割を果たしています。

 

そのため、弱ってしまう(筋肉が伸びきってしまっている状態)と、骨盤が上半身の姿勢を保てなくなり、やがて骨盤の位置が変わってきてしまいます。

この状態を ”骨盤自身がゆがんでいる” と判断してしまうことがあります。

 

大腰筋が弱ってしまうのは姿勢の悪さ

椅子に座った時に「足を組んだり」、「猫背気味の姿勢がクセになっている」といった方は、腰回りの筋肉のバランスが乱れ、その緊張がやがて ”ゆがみ” になると言われています。

姿勢の乱れと大腰筋の弱りは、お互いに関係しあい、少しづつ(5~10年単位で)

 

”ゆがみのスパイラル”  に陥ってしまいます。

 

 

ゆがみが起こると出る症状

1:体型の変化

大腰筋のバランスを取っているお尻の筋肉(大臀筋)が大腰筋とともに衰え、 ”垂れ尻” になるとともに、他の筋肉も弱ってくるため、ウエストあたりで脂肪が付き、”寸胴”になったりします。

さらには、下半身の代謝が悪くなったり、下半身の代謝不良や脚のむくみだけでなく、全身のむくみも出てくるようになります。

脚の冷えや、便秘もこのことが原因であることが多いです。

2:内臓機能の低下

女性の場合、子宮や卵巣などの臓器が、骨盤に収まっているため、ゆがみの影響を受けると、

生理痛 や 便秘 、冷え性、更年期障害、 などの婦人科系のトラブルを起こすことが多いです。

ゆがみをそのままにしておくと、これらの問題が、段々と症状として出てくることがあります。

3:腰痛

ゆがみとともに、筋肉に異常が出てくると、この部分の組織の十分な栄養が行き渡らずに、腰痛が起こってしまいます。

 

そのためには、ご自身のゆがみを

”筋肉から来ているのか”   ”骨格から来ているのか”   を調べることが、

本当の意味での、またそれぞれのお身体にあった

 

”骨盤矯正”  ということになります。

 

 

関連記事