顎関節症と緊張型頭痛に共通する対処法

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス  薬袋(ミナイ)です。

 

 

顎関節症でお悩みの方は多いと思います。

顎関節症とは、あごの関節やその周囲の筋肉の痛み、開口障害をおもな症状とする病気で、通常はあごが大きくて頑丈な人と、ほっそりとして華奢な人がいるように、人にはそれぞれもって生まれたあごの丈夫さがあります。

顎関節症はその人のあごの耐久限界を超えるほどあごの関節や筋肉を酷使したときにおこる、というのが顎関節症の考え方です。

したがって治療法も、体にかかる負担が少ない、(お金のかからないで、関節やもとのかみ合わせの状態を変えないですむ方法を選ぶことが大事です)治療法を選ぶことが重要です。

 

そのような方で、”顎関節症” のつもりだったのが、”頭痛” であったという方も少なからずおられます。

実は、顎関節症かな? と思っても、原因によっては、頭痛の対処によって顎関節症が改善するということもあります。

では、顎関節症と頭痛の”境目” とはどういったところなのでしょうか?

 

顎関節症の原因は

顎関節症の原因はこのようなことが原因と言われています。

 

・義歯のかみ合わせが原因

・悪い姿勢

歯軋りや悪いかみ合わせでも、顎に負担がかかり、顎関節周囲の筋肉に異常が出たり、円板(顎の開け閉めに関係するもの)に炎症が起きたりします。

・精神的なストレス

このようなことが、原因としてあげられます。

 

以前は、”かみ合わせ”が原因であろうと思われていましたが、ストレスや普段の癖、生活様式などといったことも、顎関節症の原因として考えられるようになってきました。

この中でも、”うつ伏せ寝”をしていたり、高い枕等で顎に負担がかかる状態、猫背、といったことだけでなく、ストレスや激しいストレスなどで歯を食いしばることで、顎に負担がかかることもあります。

筋肉が原因の顎関節症と緊張性頭痛

頭や首、肩の筋肉のこりは、猫背や前屈みの姿勢を続けることで起こります。

このような姿勢のよって頭が背骨より前に出ると、頭を後ろ上方につり上げるために、首の後ろの筋肉を酷使しなければならない状態になり後頸部や背部の筋肉を疲労させます。

また、パソコンや運転、テレビを見るときなどに上下の歯をくっつける癖や、睡眠中の歯ぎしりも、こめかみや頬の筋肉を疲弊させるため、「あごの痛み(筋性顎関節症)」の原因となります。

噛みしめも、無理な姿勢による筋肉の緊張も、筋肉の緊張としては自覚できないほど弱いものですが、それが長時間つづくために、トータルするとかなり筋肉に負担をかけます。

つまり、筋肉の疲労によっておこった筋肉痛が、頭を中心におこっている場合には緊張型頭痛、あごを中心におこっている場合には筋性顎関節症と診断されるのです。

これらの症状の対処法は

改善の方法としては、頭頸部の筋肉に過度の緊張を引き起こすような癖を見つけ出し、これをやめることです。

同じ姿勢を続けないようにして、作業の合間に、肩や首の運動を入れる、前屈みの姿勢や噛みしめをやめる。

といったことをやめるといったことも予防となります。

ただ、どうしても普段の生活や仕事などのストレスにおいては、筋肉に負担がかかってしまうことがあります。

そのような方、姿勢の改善をすることと同時に、頭部はもちろん、首から肩にかけての筋肉の緊張をケアすることが、このような”緊張型頭痛”や”筋性顎関節症”の改善へのポイントとなります。

 

関連記事