自律神経失調症について

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス   薬袋(ミナイ)です。

 

原因のわからない体調不良でお悩みの方は、多いと思われます。

 

慢性的な疲労、だるさ、めまい、頭痛、動悸、ほてり、不眠、

または、口やのどの不快感、頻尿、残尿感、など・・・・

 

このような症状でお悩みの方で、薬を飲んでもなかなかよくならない、また、テレビで見た予防法や対処法を実践してみたんだけでよくならない、また原因がわからない、病院の何かに行ったらいいかわからない、体が上手く動いてくれない、

体調が悪くて ”周りからさぼってるの”って思われていないかな?

職場や家庭で ”気持ちがたるんでるんだ!” って言われたことがある だけど体調が悪い・・・

という方は、少なくないと思います。

 

いったいどうしたらいいの?

 

このような、なんて病名をつけていいかわからない・・・   なんとなくとしか表現出来ない体調不良。

 

このような方は、”自律神経失調症”   かもしれません。

 

このような症状は、「自律神経の働きが低下すること」によって起こる症状である場合が多いです。

 

その他にも、

イライラ、不安感、気分の落ち込み、やる気が出ない、感情の起伏が激しい、といったことも同時に ”自律神経の不調”が原因であることがあります。

では、 ”自律神経失調症”  っていったいどんなことなんでしょうか?

 

自律神経とはこんなこと

自律神経とは、

「血管」とか、 「リンパ腺」、 「内臓」、 などといった 自分の意思とは無関係で働いてくれる組織に分布する神経系のことのことをいいます。

呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係に働いてくれて、生命維持活動を支えてくれる活動は、この自律神経の働きが支えてくれます。

この働きが、何かの原因でいつもと違った働きをするようになると、先程紹介したような症状になることもあります。

その他にもこんなことが

自律神経失調症の方の症状として先程書きました、

慢性的な疲労、だるさ、めまい、頭痛、動悸、ほてり、不眠、

または、口やのどの不快感、頻尿、残尿感、など といった症状以外にも、自律神経の働きが悪くなる「ことによって、このような症状が出ることがあります。

 

めまい、耳なり、肩こりや腰痛がなかなか治らない、立ちくらみが激しい、手足がだるい、

胸が締め付けらる、顔や手足によく汗をかく、朝すっきりと起きられない、

夏でも手足が冷えることがある、やけにまぶしく感じることがある、

胃の調子悪い、よく、下痢や便秘になったりする、

気候の変化に弱い,

 

このような症状も、 自律神経失調症では出てくることがあります。

 

例えば、

よくマッサージに行ったりするんでけど、肩こりや腰痛が行ってもすぐ戻ってしまう。

胃の調子が悪く、しょっちゅう胃薬を飲んでいる

下痢や便秘にすぐなってしまう

 

といったお悩みを持っていた方で、 ”自律神経の不調”   が原因で、このような症状になりましたが、自律神経の調整をすることによって、これらの症状が、同時に改善したといった方は少なくありません。

 

もし、お悩みの方は注意してみてください。

 

 

関連記事