めまいの改善の為の栄養 ビタミンB

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス   薬袋(ミナイ)です。

 

 

病院の検査で異常がないとか,原因がわからないと言われても、めまいが良くならないという方は多いと思います。

めまいの原因は、いくつか理由がありますが、

その原因として、

”めまいと脳への血流の改善”と、

”めまいと自律神経失調症”

”脳の神経によるめまい”

 

といずれかの関連があります。

 

まず、「自律神経の問題」は、

自律神経というは起きている働く神経である、「交感神経」と、寝ているときに働く神経である「副交感神経」の2種類のバランスが崩れることによって体の調子が悪くなり、めまいが起こってしまうことが原因のめまい。

 

これらのバランスを正しくするにあたって、 ”栄養の摂取” といったことも大事になります。

 

その毎日の食事の中で、めまいや耳なりを和らげるので、大事な栄養素が、

”ビタミンB群”  です。

 

ビタミンB2の栄養素

末梢神経の代謝を促したり、神経細胞を修復する作用がある

”ビタミンB群”  ですが、

 

ビタミンB2は、有毒物質である過酸化脂質を分解して、めまいや耳なりの原因ともなる

”動脈硬化” の予防を助けてくれます。

 

さらに高容量のビタミンB2には神経の抑制効果があり、偏頭痛を予防するとされています。

妊娠中など薬が飲めない状況での偏頭痛予防には最適です。

これらの栄養素は、

”レバー”  ”納豆” ”卵” ”乳製品” などに多く含まれています。

 

また、ビタミンB6は動脈硬化を予防するとともに、神経の機能を正常に保つ働きもあります。

マグロやカツオ、鶏肉、バナバなどをバランスよく食べるようにしましょう。

 

 

 

関連記事