めまい・耳なりには大敵  ”ストレス”

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス   薬袋(ミナイ)です。

 

 

病院の検査で異常がないとか,原因がわからないと言われても、めまいが良くならないという方は多いと思います。

めまいの原因は、いくつか理由がありますが、

その原因として、

”めまいと脳への血流の改善”と、

”めまいと自律神経失調症”

”脳の神経によるめまい”

 

といずれかの関連があります。

 

まず、「自律神経の問題」は、

自律神経というは起きている働く神経である、「交感神経」と、寝ているときに働く神経である「副交感神経」の2種類のバランスが崩れることによって体の調子が悪くなり、めまいが起こってしまうことが原因のめまい。

 

これらのバランスを正しくするにあたって、 重要なのが、

 

”ストレス”  です。

 

今回は、このストレスについて書かせていただきます。

 

ストレスとめまい・耳なりとの関係

ストレスは、あらゆる体調不良に関わっていますが、めまいや耳なり、難聴にとっても大敵です。

メニエール病などの ”耳の病気でも、ストレスがきっかけとなっている場合があります。

また、ストレスがたまっている時ほど症状が強くなります。

 

ストレスも、ご自身で気付かないうちにためてしまうものですが、

仕事が忙しい  とか、 精神的なプレッシャーがある  眠れない など心身の問題点がないかご自身でチェックしてみることをおすすめします。

 

今回は、この ”ストレスチェック” をしてみましょう。

 

ご自身のストレスのチェックリスト

<この中にいくつか当てはまるものがあればチェックしてください>

 

・朝、起きた時、ぐったりと疲れている

・胃の具合がおかしい

・肩こりや腰痛、頭痛が続いている

・以前よりも疲れやすくなった

・寝付きが悪い、眠りが浅い

・夜中に目が覚めてしまう

・ちょっとしたことでイライラして腹が立つ

・人との付き合いがうっとうしい

・仕事にやる気が出ない

・物事に集中出来ない

・悩みを人に相談する気になれない

・気分転換が出来ない

・休日は外出せず家でゴロゴロしている

・長時間の残業や休日出勤が続いている

 

これらの項目でいくつ該当することがありましたか?

半分以上当てはまる項目のある方は、要注意です。

 

このような ”ストレスのたまる状態” は、脳に十分な栄養が行き渡りません。

 

適度なストレスの発散などして、上手にストレスと ”お付き合い” してみて下さい。

 

 

関連記事