耳なりとも関連 突発性難聴 

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス   薬袋(ミナイ)です。

 

 

病院の検査で異常がないとか、原因がわからないと言われても、耳なりが良くならないという方は多いと思います。

耳なりの原因は、いくつか理由がありますが、

その原因として、

”脳への血流の改善”と、

”自律神経失調症”

”脳の神経による問題からくる耳なり”

といずれかの問題があります。

 

その中でも、

”脳への血流改善” ということが理由である場合は、このようなことが考えられます。

まずは、肩こりや頭痛の理由でもある、肩から頭部への筋肉のコリや張りが原因によって、耳なりが起こってしまうことが一つ。

もうひとつは、肩から頭部へかけての神経の圧迫によるものが、原因の一つとしてあげられます。

また、「自律神経の問題」は、

自律神経というのは起きているときに働く神経である、「交感神経」と、寝ているときに働く神経である「副交感神経」の2種類のバランスが崩れることによって体の調子が悪くなり、耳なりが起こってしまうことが原因です。

 

これらの問題を解決することによって、耳なりは改善することが出来ますが、

”耳なりと難聴は関係あるんじゃないか” と思われている方も多いのではないでしょうか?

実は、難聴と耳なりとは、隣り合わせの関係にあるんです。

 

今回は、この「耳なりと難聴」、特に突発性難聴との関係について書かせていただきます。

 

突発性難聴とは?

あるとき突然、片側の耳が聞こえなくなる病気で、原因がはっきりとしないものを

”突発性難聴” といいます。

難聴の程度には幅があり、「耳が詰まった感じがする」程度のものから、「まったく聞こえない」という場合までさまざまです。

多くの場合は一方の耳だけに起こり、難聴の発生と前後して耳なりや回転性めまい、吐き気を生じることがあります。

メニエール病の初期症状とよく似ていますが、突発性難聴の特徴は1回だけで繰り返さないことが特徴の一つです。

 

もし発作を繰り返すようであれば、メニエール病、外リンパろう、聴神経腫瘍など他の病気を疑う必要があります。

 

一般に50~60歳代に多い病気とされていますが、若い人の発症も目立つようになり、年々、患者さんの数も増えています。

記憶に新しいところでは、若者に絶大な人気のある歌手の方も、突発性難聴で左耳が機能しなくなったと告白したことでも、この病名が話題となりました。

 

気になるなと思われる方は、注意してみてください。

 

関連記事