耳なりとの関係  内耳炎とウイルス

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス   薬袋(ミナイ)です。

 

 

病院の検査で異常がないとか、原因がわからないと言われても、耳なりが良くならないという方は多いと思います。

耳なりの原因は、いくつか理由がありますが、

その原因として、

”脳への血流の改善”と、

”自律神経失調症”

”脳の神経による問題からくる耳なり”

といずれかの問題があります。

 

その中でも、

”脳への血流改善” ということが理由である場合は、このようなことが考えられます。

まずは、肩こりや頭痛の理由でもある、肩から頭部への筋肉のコリや張りが原因によって、耳なりが起こってしまうことが一つ。

もうひとつは、肩から頭部へかけての神経の圧迫によるものが、原因の一つとしてあげられます。

また、「自律神経の問題」は、

自律神経という神経は起きているときに働く神経である、「交感神経」と、寝ているときに働く神経である「副交感神経」の2種類のバランスが崩れることによって体の調子が悪くなり、耳なりが起こってしまうことが原因です。

 

これらの問題を解決することによって、耳なりは改善することが出来ますが、

”耳なりと内耳炎は関係あるんじゃないか” と思われている方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、この「耳なりと内耳炎」、特にウイルスと改善法について書かせていただきます。

内耳炎の薬物治療

内耳炎の治療は、炎症を引き起こした細菌を抑えるため、抗生物質を中心とした薬物療法が行われます。

めまいや耳なり、難聴の治療としては、坑めまい薬や血流改善薬、末梢血管拡張薬、ビタミン剤などが処方されます。

また、高度の難聴が起こった場合にはステロイド剤を組み合わせることもあります。

一般的に、内耳炎は適切な治療を行えば数日で治ります。

内耳炎が治まれば、めまい症状はなくなりますが、蝸牛神経の細胞は修復が難しく、難聴については回復が難しいケースが少なくありません。

ですから、慢性中耳炎の段階でしっかりと治療をほどこし、内耳炎に進行させないことが何より大切といえるでしょう。

関連記事