めまいと関係 メニエール その2 (ウイルス)

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス   薬袋(ミナイ)です。

 

 

病院の検査で異常がないとか、原因がわからないと言われても、めまいが良くならないという方は多いと思います。

めまいの原因は、いくつか理由がありますが、

その原因として、

”脳への血流の改善”と、

”自律神経失調症”

”脳の神経による問題からくる耳なり”

といずれかの問題があります。

 

その中でも、

”脳への血流改善” ということが理由である場合は、このようなことが考えられます。

まずは、肩こりや頭痛の理由でもある、肩から頭部への筋肉のコリや張りが原因によって、耳なりが起こってしまうことが一つ。

もうひとつは、肩から頭部へかけての神経の圧迫によるものが、原因の一つとしてあげられます。

また、「自律神経の問題」は、

自律神経という神経は起きているときに働く神経である、「交感神経」と、寝ているときに働く神経である「副交感神経」の2種類のバランスが崩れることによって体の調子が悪くなり、耳なりが起こってしまうことが原因です。

 

これらの問題を解決することによって、耳なりは改善することが出来ますが、

”耳なりと難聴は関係あるんじゃないか” と思われている方も多いのではないでしょうか?

実は、めまいとメニエールとは、隣り合わせの関係にあるんです。

 

今回は、この「めまいとメニエール」、特に突発性難聴とその改善法について書かせていただきます。

 

メニエールは耳の中のリンパ液の問題

内耳には、平衡感覚を司る「三半規管」と「耳石器官」、聴覚を司る「蝸牛」があります。

これらは常にリンパ液で満たされていますが、メニエール病を発症すると、リンパ液が異常に増えて、内耳全体が水ぶくれのような状態(内リンパ水腫)になります。

そのため、内耳の機能が低下して平衡感覚や聴覚が障害を起こし、めまいや音の聞こえに関わる症状が現れるのです。

内リンパ水腫はしばらくすると改善され、めまいや耳の症状も治まります。しかし、多くの場合は、再びリンパ液が増えて水ぶくれが発生し、それに伴ってめまいや耳なりなどの発作も起こります。

こうした発作を何度も繰り返していると、ダメージを受けた内耳の機能が回復しづらくなり、平衡感覚の乱れや難聴が進んでしまいます。

症状が悪化すると元に戻らなくなることがありますので、早めに耳鼻咽喉科などの医療機関を受診してください。

 

関連記事