耳なりと血圧との関係

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス   薬袋(ミナイ)です。

 

 

病院の検査で異常がないとか、原因がわからないと言われても、耳なりが良くならないという方は多いと思います。

耳なりの原因は、いくつか理由がありますが、

その原因として、

”脳への血流の改善”と、

”自律神経失調症”

”脳の神経による問題からくる耳なり”

といずれかの問題があります。

 

その中でも、

”脳への血流改善” ということが理由である場合は、このようなことが考えられます。

まずは、肩こりや頭痛の理由でもある、肩から頭部への筋肉のコリや張りが原因によって、耳なりが起こってしまうことが一つ。

もうひとつは、肩から頭部へかけての神経の圧迫によるものが、原因の一つとしてあげられます。

また、「自律神経の問題」は、

自律神経という神経は起きているときに働く神経である、「交感神経」と、寝ているときに働く神経である「副交感神経」の2種類のバランスが崩れることによって体の調子が悪くなり、耳なりが起こってしまうことが原因です。

 

これらの問題を解決することによって、耳なりは改善することが出来ますが、

”耳なりって血圧と関係あるんじゃないか” と思われている方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、この耳なりと血圧との関係について書かせていただきます。

 

耳なりと自律神経

耳なりと血圧の関係は、必ずしもイコールといった関係ではないようですが、

過労や睡眠不足によってすでにあった耳なりが増強した時、血圧が高くなっていたという例もあるようです。

この例にしても休養と降圧剤の使用で血圧がもとに戻ったとき、耳なりも治療前の状態の戻ったことから両社の関係が推測されているにすぎません。

疲労と睡眠不足で確かに血圧が高くなったとしても、耳なりが大きくなったのは耳なり自体が大きくなったわけではなく、単に大きく感じているだけという可能性もあるわけです。

あるいは、耳なり自体の大きさは同じであっても、睡眠不足で耳なりに対する感受性が強くなっているとも考えられます。

また、急に耳なりがはじまって不安になっていたため、血圧を測ったら高くなっていたということもあります。

血圧が高くなったことと、耳なりとの間の関係では、ご自身が緊張して通常の血圧が高くなれば、自宅で測るのと病院で測るのとでは、病院で測る方が高くなることも多いです。

血圧の状態を改善して、比較的にご自身の体の  ”血圧” の状態をいい状態にすることが大切です。

関連記事