顎関節症について なかなか良くならない人の癖

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス  薬袋(ミナイ)です。

 

 

顎関節症でお悩みの方は多いと思います。

あごの関節やその周囲の筋肉の痛み、開口障害をおもな症状とする病気で、通常はあごが大きくて頑丈な人と、ほっそりとして華奢な人がいるように、人にはそれぞれもって生まれたあごの丈夫さがあります。

顎関節症はその人のあごの耐久限界を超えるほどあごの関節や筋肉を酷使したときにおこる、というのが考え方です。

したがって治療法も、体にかかる負担が少なく、(お金のかからないで、関節やもとのかみ合わせの状態を変えないですむ方法を選ぶことが大事です)

それにもかかわらず、どんな治療をしてもまったく痛みが改善せず、顎関節症の症状が何年にもわたってつづいているという方について書かせていただきます。

 

顎関節症の原因は

顎関節症の原因はこのようなことが原因と言われています。

 

・義歯のかみ合わせが原因

・悪い姿勢

歯軋りや悪いかみ合わせでも、顎に負担がかかり、顎関節周囲の筋肉に異常が出たり、円板(顎の開け閉めに関係するもの)に炎症が起きたりします。

・精神的なストレス

このようなことが、原因としてあげられます。

 

以前は、”かみ合わせ”が原因であろうと思われていましたが、ストレスや普段の癖、生活様式などといったことも、顎関節症の原因として考えられるようになってきました。

この中でも、”うつ伏せ寝”をしていたり、高い枕等で顎に負担がかかる状態、猫背、といったことだけでなく、ストレスや激しいストレスなどで歯を食いしばることで、顎に負担がかかることもあります。

 

なかなか治らない顎関節症は

あらゆる治療をしても改善しないという場合には、むしろ純粋な顎関節症ではなく、顎関節症にほかの病気が合併している可能性もあります。

この場合、「ほかの病気」とは、心理的要因(身体表現性障害やうつ病など)と、中枢性の痛みの2つに大別できます。

また、顎関節症ではあるが、症状を引き起こしたり長引かせ悪習癖をどうしてもコントロールできないという場合もあります。

その癖とは歯の食いしばり

悪習癖の多くは、睡眠中の激しい”食いしばり”や”歯ぎしり”です。

人間は誰でも寝ている間に歯を食いしばったり、こすり合わせたりするのですが、食いしばりの力が自分の耐久限界を超えるほど強かったり長時間行っていたりすると、筋や関節に負担がかかり続けるため、なかなか治りづらくなります。

この場合は、食いしばらないように一時的に(薬などを使って)睡眠を深くするなどで対応します。

(それでも効果がない場合は、最終の手段として、食いしばれないように筋肉を弱める注射もあります)

 

そのような方は、「心因性」の問題もあるかとは思いますがその場合、頭部はもちろん、首から肩にかけての筋肉の緊張をケアすることも改善へのポイントとなります。

癖の改善と同時に、”心因性の改善”なかなか難しいかもしれませんが、筋肉のケアをすることが出来れば十分改善出来ます。

気になる方は、参考にしてください。

関連記事