顎関節症を悪化させない生活の仕方は

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス  薬袋(ミナイ)です。

 

 

顎関節症でお悩みの方は多いと思います。

あごの関節やその周囲の筋肉の痛み、開口障害をおもな症状とする病気で、通常はあごが大きくて頑丈な人と、ほっそりとして華奢な人がいるように、人にはそれぞれもって生まれたあごの丈夫さがあります。

顎関節症はその人のあごの耐久限界を超えるほどあごの関節や筋肉を酷使したときにおこる、というのが現在の考え方です。

 

どうしても普段の生活や仕事などのストレスにおいては、顔面や歯、顎に至っての筋肉に負担がかかってしまうことがあります。

そのような方、姿勢の改善をすることと同時に、頭部はもちろん、首から肩にかけての筋肉の緊張をケアすることが、改善へのポイントとなります。

顎関節症の原因として、筋肉のケアをすることにより改善出来ればこの問題は、十分改善出来ます。(他に原因のある方もおらえますがそれについては別のページでふれます)

ただ改善が出来た後も、顎関節症に関しては、ある程度のケアが必要です。

今回は、その生活の仕方について書かせていただきます。

 

顎関節症の原因は

顎関節症の原因はこのようなことが原因と言われています。

 

・義歯のかみ合わせが原因

・悪い姿勢

歯軋りや悪いかみ合わせでも、顎に負担がかかり、顎関節周囲の筋肉に異常が出たり、円板(顎の開け閉めに関係するもの)に炎症が起きたりします。

・精神的なストレス

このようなことが、原因としてあげられます。

 

以前は、”かみ合わせ”が原因であろうと思われていましたが、ストレスや普段の癖、生活様式などといったことも、顎関節症の原因として考えられるようになってきました。

この中でも、”うつ伏せ寝”をしていたり、高い枕等で顎に負担がかかる状態、猫背、といったことだけでなく、ストレスや激しいストレスなどで歯を食いしばることで、顎に負担がかかることもあります。

 

顎関節症が改善したあとは

顎関節症治療のもっとも重要な部分で、噛みしめなどの症状を悪化させる悪習慣を特定し、それを生活から排除することを目的として行います。

とくに慢性化した顎関節症では、すべて医者頼みという姿勢ではいつまでも病院通いが止まりません。

ちょうど、「腰痛もち」の人が、腰を痛めないような荷物の持ち上げ方、体の動かし方、姿勢の保ち方、症状の再発予防の仕方などについての知識を持ち、腰痛を引き起こさないように注意しているのと同じで、「顎関節症もち」の人も、あごの痛みを悪化させないよう注意しながら生活していく必要があります。

お悩みの方は、参考にしてみてください。

 

関連記事