顎関節症? のどの痛みと舌因神経について

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス  薬袋(ミナイ)です。

 

 

顎関節症でお悩みの方は多いと思います。

あごの関節やその周囲の筋肉の痛み、開口障害をおもな症状とする病気で、通常はあごが大きくて頑丈な人と、ほっそりとして華奢な人がいるように、人にはそれぞれもって生まれたあごの丈夫さがあります。

顎関節症はその人のあごの耐久限界を超えるほどあごの関節や筋肉を酷使したときにおこる、というのが考え方です。

したがって治療法も、体にかかる負担が少なく、お金のかからないで、関節やもとのかみ合わせの状態を変えないですむ方法を選ぶことが大事ですが、

それにもかかわらず、どんな治療をしてもまったく痛みが改善しない顎関節症。

また、顎なのか?舌なのか? と、どこが痛いのか微妙な方に、

顎関節症なのか? 舌因神経による痛みなのか? について書かせていただきます。

 

顎関節症の原因は

顎関節症の原因はこのようなことが原因と言われています。

 

・義歯のかみ合わせが原因

・悪い姿勢

歯軋りや悪いかみ合わせでも、顎に負担がかかり、顎関節周囲の筋肉に異常が出たり、円板(顎の開け閉めに関係するもの)に炎症が起きたりします。

・精神的なストレス

このようなことが、原因としてあげられます。

 

以前は、”かみ合わせ”が原因であろうと思われていましたが、ストレスや普段の癖、生活様式などといったことも、顎関節症の原因として考えられるようになってきました。

この中でも、”うつ伏せ寝”をしていたり、高い枕等で顎に負担がかかる状態、猫背、といったことだけでなく、ストレスや激しいストレスなどで歯を食いしばることで、顎に負担がかかることもあります。

ただ、そこでその痛みの原因が、”顎が原因なのか?”  ”舌因神経が原因なのか?” ということで、対処がわからなくなることがあります。

では、舌因神経が原因の痛みとはどういったことなのでしょうか?

 

舌因神経が原因の痛みの特徴は?

舌因神経の痛みの特徴は、

”舌の後方3分の1、耳の奥、下あごのえらの奥、のどの奥など、舌因神経の支配領域にかけてあらわれます。

痛みは深いところでおこるため、患者さん自身には痛みの部位がかっきりわからないことも多く、「あごの関節が痛い」と自覚する人もいます。

痛みの発作は、あごを動かすことによって舌やのどの奥が引っ張られるとおこるため、大きく口を開けると痛み、ひどくなると会話も出来なくなります。

また、食べ物の味刺激や冷水、飲み込むときの刺激で発作がおこることが多いため、食事をするときに痛みが出ます。

このため、いっさいの飲食をやめてしまう患者さんもいます。

痛みの性状や強さは、通常は激烈です。

典型的には、「一瞬の突き刺されるような、電気の走りぬけるような」「耳の奥に太い畳針を突っ込まれるような」と表現する患者さんもいます。

しかし、じわじわと焼けつくような痛みとして感じられることもあります。

この舌因神経は、心拍に関係する神経の近くにあります。

なので、あまり痛みをほっておくと更なる疾患にもつながることとなります。

早めに処置をされることが、大事ですね。

 

関連記事