群発頭痛の原因は

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス   薬袋’(ミナイ) です。

 

群発頭痛の原因としての考え方をいくつかあげさせていただきます。

 

・血管系の問題(内頸動脈の異常)

・自律神経系の問題

・視床下部の異常によるもの

・ホルモンの問題

 

などの原因ではないか?  と思われる考え方の説があるようです。

 

血管系の問題としては、血管の収縮と拡張が起きてしまうことによって、発するのではないかという考え方があります。

 

末端の血管である眼動脈では血管が収縮しているところから、そのもう少し元のほうの動脈が代償的に拡張して、血管痛を発するのではないか、ということです。

しかし、血管の拡張が単純に血管だけによるものとは限りません。

この血管の 「拡張」 と 「収縮」 をコントロールするのが、 ”自律神経” です。

 

ここで、いくつかの神経を圧迫されることによって、 ”痛み” が出ることがあるとも考える という説があります。

 

また、視床下部の異常から、規則的な頭痛があらわれるという説もありますし、ホルモンによることが原因であるという説もあります。

 

いずれにしても、これらの原因であると、特定出来ることではないそうです。

 

原因の考え方

このいくつかの原因から、

 

群発頭痛の改善への考え方で、

 

”血管の問題”

”自律神経の問題”

”視床下部の問題”

”ホルモンの問題”

といくつかの問題があります。

群発頭痛なのかどうか特定出来るのか? それとも単なる頭痛なのか?

の線引きは、なかなか難しいところではあります。

 

・病院へ行っても原因がわからない

・薬を飲んでもよくならない

・脳梗塞などではないのに頭痛がある

といったことでお悩みの方は、

これらの4つの問題を解決することによって、お抱えの頭痛の解決に近付いてくるのではないかとも考えられます。

 

 

 

関連記事