腰痛の原因は? 内臓も関係

こんにちは、中野カイロプラクティックオフィス  薬袋(ミナイ)です。

 

腰痛でお悩みの方は、多いと思いますが、

このような方で、「特定のところに痛みがある」といった方がおられます。

 

 

その中で、 ”腰の左側が痛い” という方は、少なくないのではないでしょうか?

”いつも腰の左側が痛い”

”痛いところをもんだり、さすったりしてもなかなか痛みが取れない”

”温めても痛みが取れない、冷やしても痛みが取れない”

”病院や整形外科に行っても原因がわからない”

 

といった経験をされている方は、多いと思いますが、

このような方は、どういったことが原因だと考えられるでしょうか?

腰痛の原因は

まず腰痛の原因に付いて触れたいと思います。

 

腰痛の主な原因として

・長時間のデスクワークや、立ち仕事、重い荷物などを持つなどで腰を支える骨と、それにつながる筋肉に負担がかかっていること。

・長時間のデスクワークや、立ち仕事、出産後の腰に対する負担に伴う、骨盤のゆがみが原因であること。

・激しい運動などで、腰に負担がかかっている状態が長いこと続いたことにより、腰の骨の椎間板に負担がかかり、神経圧迫が起きていること。

・体全体の姿勢の不具合から、下半身に体の負担がかかっている状態によって、腰痛が起こること。

・生活習慣やストレスから来る、腰の周辺にある ”内臓” の機能が低下していることにより腰痛が起こっている状態。

 

これらが、腰痛の主な原因です。

 

腰痛と内臓の関係

腰は体全体のあらゆる負担を受け止めるといった側面もあります。

従って、体の負担はこの腰の部分にかかりやすくなります。

そこで、体の負担が腰の筋肉はもちろん、骨(腰椎)にまで負担が及んでしまうことがあり、筋肉に負担がかかるだけでなく、腰に流れている神経を圧迫します。

ここで、”痛み”が起こってきます。

しかし、この筋肉や神経への負担は、日常生活における「姿勢」や「生活習慣」、「外傷」といったことを通じて「内臓」にも、同様の負担がかかってきます。

 

そうなると、負担の掛っていた「内臓」は、周辺の筋肉や神経にも影響を与え、その結果

”腰痛” になります。

 

内臓の負担により影響を受けた筋肉や神経は、その部分だけを施術したりしても、すぐ元に戻ってしまいます。

そのような場合は、その元となる内臓状態を改善していかないと腰痛は改善出来ません。

気になる方は、注意してみてください。

 

関連記事